買取による廃車後の再登録

買取による廃車後の再登録は可能な場合がある

自動車を買取りしてもらった後に廃車登録正確には一時抹消登録を行うことがよくありますが、その後に自動車が走行上において法令上の問題がないかどうか確認を行います。もしその時に部品等の交換が必要だと見えれば交換等の整備などを行ってから、その自動車にナンバープレートなどをつけて再登録を行う場合があり、売却するという流れは中古自動車屋にとっては普通の流れです。この登録のことを運輸支局などでは中古車新規登録と呼んでいます。

廃車登録には複数の種類があり、一時抹消登録と呼ばれる自動車そのものは存在しているものと、永久抹消登録と呼ばれるものが法令上存在します。二度とその自動車が登録ができないような状態であったり、あるいはその必要性もなく処分をする場合であったり、いずれにしても完全にその自動車を利用することがなくなったときには、この永久抹消登録も行えます。

買取をした自動車屋では通常その自動車を再度販売することを考えるために、廃車後に再度中古車新規登録を運輸支局などで行って整備も完全に行った上で第三者に売却するのは、一般的にあり得る話です。この場合にはいろいろなメリットがあり、まずは売却した側からすれば自動車税が月割りで還付つまり戻ってくることがあります。もし納税をしていなければ年間額ではなく月割りに減額された分で計算がなされ、課税される仕組みになっています。それ以外にもかつての所有者からすれば同じナンバープレートで乗り続けられるのはちょっとという人もいるので、番号変更ではなくいったん登録抹消後に再度ナンバープレートを付けて乗る方が気持ち的にはすっきりはします。

廃車で自動車税が還付されるのは普通自動車以上に課税される都道府県が課税元となる自動車税だけです。軽自動車を課税する市町村では、そもそも月割りにするという発想自体がなくしかも法令上の取り決めもありません。つまり、年度途中で廃車にしても軽自動車税が軽減される仕組み自体がありませんから、税金が戻ることはないということです。

中古自動車をこのように廃車した後に再登録をする場合というのはよくある話ですが、車検を受ける必要が出て来ますので、点検が必要になってきます。もともと買取りをした際に車検が近い場合があったりするので部品の交換などで相応に費用が掛かることではありますが、買取り金額には影響を与えないこともありますし、あまりにも交換しないといけないような場合には査定額からマイナスを受けることもあり得ますので注意が必要です。”